不動産売却後の確定申告は必須?手続きの流れや必要書類について解説!

公開日:2023/01/15   最終更新日:2022/11/08


利益が出た場合は確定申告が必須です。納税する義務があるので必ず実施しましょう。損失が発生した場合は確定申告が必須ではありません。しかし、特例の適用を受けることができる場合があるので実施するほうがよいでしょう。今回の記事では、手続きの流れや必要書類について紹介します。ぜひ参考にしてください。

不動産売却後の確定申告は必須?

利益が出た場合は必ず実施します。損失が発生した場合も実施するほうがよいでしょう。

利益が出た場合は確定申告する必要がある

不動産を売却すると必ず確定申告しなければいけないわけではありません。ただし、利益が出た場合は確定申告する必要があります。

不動産を売却して利益が出た場合

利益額に応じて確定申告して納税する必要があります。譲渡取得として計上し、所得税と住民税を納めます。こちらは納税の義務があるので、必ず実施しなければいけません。

不動産を売却して損失が発生した場合

必ずしも確定申告しなければいけないわけではありません。ただし、損益通算と繰越控除できる特例の適用を受けることができる場合があるので、損失が発生しても確定申告することは覚えておきましょう。

不動産売却後の確定申告で必要な書類

書類の入手期限が設けられているものがあるので、忘れずに入手しましょう。

税務署や役所で入手するもの

確定申告前に税務署で入手する必要書類は、確定申告書B/申告書第三表/分離課税用と譲渡所得の内訳書です。確定申告前に本籍地の役所で入手する必要書類は戸籍の附表です。

不動産取得時や売却時に入手するもの

不動産取得時の取引の場で必要な書類は、不動産売買契約書/建物請負契約書と登記費用や仲介手数料の領収書です。不動産売却時の取引の場で必要な書類は、売却時の売買契約書と領収書、売却時の仲介手数料や登記費用の領収書です。

法務局で入手するもの

確定申告の3か月以上前に法務局で登記簿謄本を入手します。

特例の適用を受ける際に必要な書類

所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の、軽減税率の特例を受ける際に必要な書類は、売却不動産の登記事項証明書です。特定の居住用財産の買換え特例を受ける際に必要な書類は、売却不動産の登記事項証明書、買換え不動産の登記事項証明書、買換え先の住民票、買換え資産で築後年数要件に該当しない場合は、耐震基準適合証明書などです。

居住用財産の買換えに係る譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例を受ける際に必要な書類は、売却不動産の登記事項証明書、買換え不動産の登記事項証明書、買換え先の住民票、買換え不動産の住宅ローン残高証明書です。居住用財産に係る譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例を受ける際に必要な書類は、売却不動産の登記事項証明書と住宅ローン残高証明書です。

なお、売却不動産の登記事項証明書は、確定申告の3か月以内に法務局で入手します。買換え不動産の登記事項証明書は、確定申告の3か月以内に法務局で入手します。買換え先の住民票は、確定申告の3か月以内に役場で入手します。耐震基準適合証明書は、確定申告前に第三者機関で入手します。住宅ローン残高証明書は、確定申告前に金融機関で入手します。

不動産売却後の確定申告の流れ

先行的に準備を進めるようにしましょう。直前に分からないことがあっても税務署が繁忙期なので、すぐに対応してもらえないことがあります。

利用する特例の決定

利益が出た場合の特例は、3,000万円の特別控除と特定居住用財産の買換え特例の2つから選択しましょう。損失が発生した場合の特例は、居住用財産の買換えに係る譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例と、居住用財産に係る譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例の2つから選択しましょう。

必要書類の準備

確定申告の3か月以上前から準備が必要な書類もあるので、漏れなく準備するようにします。

確定申告書の作成

自宅などでパソコンを使用して確定申告書を作成できます。こちらはe-Taxになります。また、税務署で確定申告用紙を受け取って記載する方法もあります。申告書B、譲渡収支内訳書、分離課税用の申告書の順番で作成または記載します。

なお、初めて作成または記載する人や、分からないところがある人に対し、無料で税務署が確定申告前に相談会を開催しています。開催期間はおよそ1か月で、会場はショッピングモールなどの大きい施設となっていることが多いです。毎年1月に税務署のホームページなどに情報が掲載されているので確認してみましょう。ただし、確定申告直前は混みあうことが予想されるので、年明けすぐに利用することをおすすめします。

確定申告手続き

税務署に直接持ち込む方法、郵送による方法、e-Taxによる方法があります。

まとめ

確定申告の手続きに必要な書類の入手や確定申告の流れは、初めて取り組む人には難しいところがあるかもしれません。困ったときはインターネットで検索すると、ある程度の情報が掲載されているので参考になります。しかし、間違えたまま作業を進めたくない人や、自分で取り組める自信がない人は、税理士に依頼する方法があります。ただし費用を負担しなければいけないので、その部分を考えてから行動するようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

利益が出た場合は確定申告が必須です。納税する義務があるので必ず実施しましょう。損失が発生した場合は確定申告が必須ではありません。しかし、特例の適用を受けることができる場合があるので実施するほ

続きを読む

大手の不動産売却業者も地元密着型の不動産売却業者も、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらを選ぶのがよいというわけではありません。メリットとデメリットを踏まえて総合的に判断することが

続きを読む

不動産売却前、売却中、売却後の注意点を紹介します。これから売却を考えている人は、今回の記事を参考にしてください。売却方法は色々ありますが、自分に合った方法で準備します。この際、不動産会社や内

続きを読む

不動産売買における瑕疵担保責任が契約不適合責任に変更されました。売却する前に改正内容について把握しておかなくてはいけません。この記事では、民放が改正されたタイミングや瑕疵担保責任と契約不適合

続きを読む

不動産は個人間でも売買することが可能です。しかし、個人間で売買を行うとトラブルになりやすいといわれています。この記事では、個人間売買をするメリットと個人間売買に潜むリスクについてしょうかいし

続きを読む

住宅は引っ越しをしてからでないと売却できないのではないかと考える人も多いのではないでしょう。実際には、住みながらでも自宅を売却することは可能なのです。この記事では、住みながら自宅を売却するメ

続きを読む

不動産売却をする際、自分ですべての手続きを行うのは難しいですよね。そのため、不動産会社が存在するわけですが、不動産売却が成功した際には、仲介手数料を支払う必要があります。しかし、仲介手数料は

続きを読む

不動産売却を行う際、初めて行う方も多いのではないでしょうか。不動産売却では専門的な知識が必要で、小難しいことも多いですが、何も知らずに、不動産会社に任せっぱなしにするのは危険です。本記事では

続きを読む

不動産売却には買主と売主で交渉する「仲介」と不動産会社に直接物件を買い取ってもらう「買取」の2種類があります。本記事では仲介と買取の違いや、あなたが仲介と買取のどちらに向いているかについて解

続きを読む

相続や諸事情で不動産の売却を検討しているとき、気になるのは相場ですが、その前に何から始めればよいのでしょうか?またどのような書類が必要となるのでしょうか?今回は、不動産を売却するときに必要な

続きを読む