住みながら自宅を売却する方法は?居住中の不動産の売却で押さえておきたいポイント

公開日:2022/08/15   最終更新日:2022/08/24

住みながら自宅を売却する方法は?

住宅は引っ越しをしてからでないと売却できないのではないかと考える人も多いのではないでしょう。実際には、住みながらでも自宅を売却することは可能なのです。この記事では、住みながら自宅を売却するメリットとデメリットや売却する際のコツを紹介します。居住中の不動産売却を検討している方は参考にしてみてください。

住みながら自宅を売却することは可能!

住みながら家を売却することは可能なのです。住宅ローンが残っている場合でも、売却した代金によりローンを完済できるのであれば問題ありません。一般的には、空き家の状態の方が売れやすいでしょう。しかし、実際には住みながら自宅を売却する人も多くいます。住み替える際に必要になる費用や、仮住まいについて考えると住みながら売却したいと考える人が多いのです。

住みながら自宅売却するメリット・デメリット

住みながらでも自宅を売却することは可能ですが、メリットとデメリットについて理解しておくことが大切です。代表的なメリットとデメリットを紹介します。

メリット売却資金を住み替え資金に充てられる

住み替えをするには費用が必要になります。住みながら自宅を売却することで、売却資金を新居の購入費用や引っ越し費用に充てられるのです。契約が完了するまで住み続けることが可能ですので、売却が決まってから新居を探しても問題ないでしょう。売却資金を残っている住宅ローンに充てることも可能です。

メリット内覧者に生活イメージを伝えやすい

購入希望者が内覧する際に、生活イメージを伝えやすいでしょう。家具や家電をどのように配置していたのか気にする人も多いため、売主と内覧者が直接話をできるのはメリットといえるでしょう。物件だけでなく周辺の環境なども伝えられるので、実際の生活をイメージしやすくなります。

メリット家が劣化しにくい

住みながら売却すると家が劣化しにくくなります。生活しているので部屋の中が換気されるので、カビが発生しにくいでしょう。空き家の状態で売れるのを待つよりも劣化する速度を遅くさせられるのです。

デメリット内覧の日程調整をしなくてはいけない

内覧の日程調整をしなくてはいけないことに負担を感じる人が多いようです。内覧者は急に申し込みをしてくる可能性もあります。また、休日に内覧を希望する人が多いので、休日でも予定を空けておかなくてはいけません。

デメリット生活感でイメージダウンにつながってしまう

住みながら売却すると、生活感が出てしまうでしょう。生活感がイメージダウンにつながってしまう可能性も考えられるのです。生活している以上、片付けにも限界があるのは仕方ないことですが、できるだけきれいな状態で内覧を行えるようにしましょう。

デメリット居住中だと内覧しにくい

住んでいる物件の場合、購入希望者から気軽に内覧しにくいのではないかと思われてしまう可能性があります。また、内覧をしても、すみずみまで時間をかけて確認することが難しいのではないか、と感じる人も多いようです。

住みながら売却する際のコツ

住みながら自宅を売却するにはコツがあります。いくつか紹介するので参考にしてください。

掃除や片付け

住みながら売却するには内覧時の印象がもっとも重要なポイントです。基本的に内覧の予定は、事前に担当者から連絡がくることになります。しかし、急に内覧希望の連絡がくることもあるでしょう。急な連絡にも対応できるように、日ごろから掃除や片付けをしておくことが大切です。

とくに水回りは念入りにチャックしておきましょう。キッチンや浴室などに汚れがあると印象が悪くなってしまいます。また、部屋の臭いにも注意が必要です。

タバコを吸う方やペットを飼っている場合には、とくに気を付けなくてはいけません。換気扇を上手に活用したり、芳香剤を利用したりするとよいでしょう。

内覧者への対応

内覧者には丁寧な態度で対応することが大切です。住んでいる自宅は商品となるので売却することはビジネスと捉えましょう。身だしなみを整え、笑顔で挨拶することは基本の対応です。基本的には不動産会社が対応しますが、任せすぎてはいけません。住んでいるからこそ伝えられる物件のよい点をアピールしましょう。

内覧は日中に行う

物件の印象をよくするためには、内覧は日中に行うようにしましょう。内覧者は日当たりを重視することが多いのです。印象をよくするためにも日当たりが確認できる日中に内覧を行うとよいです。内覧者も日当たりを確認できないと不安になってしまうので、夜遅い時間や天気の悪い日はできるだけ避けるようにしましょう。

まとめ

住みながら自宅を売却することは可能なのです。しかし、住みながら自宅を売却するにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。住みながら売却するべきなのか、空き家にしてから売却するべきなのか、自分にとって最適な方法を選択することが大切です。住みながら売却するには日頃から掃除や片付けをする必要があります。内覧の日程や対応の仕方も重要になってきますので、事前にしっかり確認しておくと安心です。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

利益が出た場合は確定申告が必須です。納税する義務があるので必ず実施しましょう。損失が発生した場合は確定申告が必須ではありません。しかし、特例の適用を受けることができる場合があるので実施するほ

続きを読む

大手の不動産売却業者も地元密着型の不動産売却業者も、それぞれメリットとデメリットがあります。どちらを選ぶのがよいというわけではありません。メリットとデメリットを踏まえて総合的に判断することが

続きを読む

不動産売却前、売却中、売却後の注意点を紹介します。これから売却を考えている人は、今回の記事を参考にしてください。売却方法は色々ありますが、自分に合った方法で準備します。この際、不動産会社や内

続きを読む

不動産売買における瑕疵担保責任が契約不適合責任に変更されました。売却する前に改正内容について把握しておかなくてはいけません。この記事では、民放が改正されたタイミングや瑕疵担保責任と契約不適合

続きを読む

不動産は個人間でも売買することが可能です。しかし、個人間で売買を行うとトラブルになりやすいといわれています。この記事では、個人間売買をするメリットと個人間売買に潜むリスクについてしょうかいし

続きを読む

住宅は引っ越しをしてからでないと売却できないのではないかと考える人も多いのではないでしょう。実際には、住みながらでも自宅を売却することは可能なのです。この記事では、住みながら自宅を売却するメ

続きを読む

不動産売却をする際、自分ですべての手続きを行うのは難しいですよね。そのため、不動産会社が存在するわけですが、不動産売却が成功した際には、仲介手数料を支払う必要があります。しかし、仲介手数料は

続きを読む

不動産売却を行う際、初めて行う方も多いのではないでしょうか。不動産売却では専門的な知識が必要で、小難しいことも多いですが、何も知らずに、不動産会社に任せっぱなしにするのは危険です。本記事では

続きを読む

不動産売却には買主と売主で交渉する「仲介」と不動産会社に直接物件を買い取ってもらう「買取」の2種類があります。本記事では仲介と買取の違いや、あなたが仲介と買取のどちらに向いているかについて解

続きを読む

相続や諸事情で不動産の売却を検討しているとき、気になるのは相場ですが、その前に何から始めればよいのでしょうか?またどのような書類が必要となるのでしょうか?今回は、不動産を売却するときに必要な

続きを読む